Over 10 years we help companies reach their financial and branding goals. Engitech is a values-driven technology agency dedicated.

Gallery

Contacts

411 University St, Seattle, USA

engitech@oceanthemes.net

+1 -800-456-478-23

// Why Choose Us

私たちは2週間のサイクルでスクラム開発を行い、
短期間で品質と納期を確実に管理します。

スクラム開発は、アジャイル開発の手法の一つで、特に品質と納期管理に重点を置いています。
この方法では、プロセスをより詳細かつ具体的に定義し、1週間から4週間のスプリントを繰り返し実行します。
私たちの開発プロセスについての詳細は、こちらをご覧ください。

アジャイル開発

各スプリントでは、チームを組み、1つの機能を単位とした小さいサイクルで「要件定義、設計、開発、テスト、リリース」といった開発工程を繰り返します。

短期間で各スプリントを回し、成果物を生み出しながらプロジェクトを進めていきます。

特に数か月から数年に及ぶ長期のプロジェクトでは、途中で成果物がない期間に納期や品質に影響を及ぼす問題が生じることがありますが、スクラム開発ではこれらの問題を短期の成果物を通じて早期に発見し、細かな納期管理と品質管理を実現します。

チームワークと戦略ースクラム開発におけるラグビーの教訓ー

“スクラム開発“は、ラグビーから生まれた用語です。ラグビーの特徴として以下3つが挙げられます。

プレーが寸断せず連続していくために、選手自身が考えて行動しなければならない

15ものポジションがあり、それぞれの専門性がある。

連続プレーが多く、お互いに協力し合わなければ勝利は目指せない。

システム開発プロジェクトも、多くの関係者間のダイナミズムが発生します。
スクラムチームによる団結・協力のもと、1つ1つの課題を解決していくことが求められます。

共通のゴールを目指して、全員が協力し合います。

参加者全員が強い参加意識と専門性をもって、責任を果たしていきます。

全員で考え、全員で実行し、お客様と共通のゴールを目指していきます。

One Team, One Goal
私たちはお客様とスクラムを組んで、共通の勝利を目指します。

スクラムの様々な管理手法を取り入れるのみならず、スクラムの基本精神を大切にして、プロジェクトの実行レベルを高めてまいります。

当社の経験豊富なシステムエンジニアチームがサポートいたします。

詳しく知りたい方はこちら
参考資料
スクラム開発の3つの基本原則
参考資料
スクラム開発の基本プロセスを徹底解説!
参考資料
スクラムチームのあるべき姿と関係者の役割を徹底解説!
参考資料
スクラム開発の3つの基本原則
参考資料
スクラム開発 vs. ウォーターフォール開発